【電子帳簿保存法】電子帳簿保存法!取得への道 プロローグ

電子化のお仕事をスタートしてから1年10ヶ月が経ちました。 

直近の1年は、本当に多くのお客様から

「上司から電子化をするように言われたけど、どこから手をつけたらいいですか?」

「もう、棚に収まりません。今すぐ電子化して、スペースを空けたいです」

「新しく採用をして、社員が増え、デスクを置きたいので、

       スペースを埋めている書類を電子化して捨てたい」などなど・・・


みなさん、紙を電子化するということが、有効なスペースや有効な時間やコストとして

生み出せることに注目されていることがよくわかりました。


特に『電子化をしたい』『増え続ける書類を減らしたい』お客様からいただく疑問の声として

『e-文書法は効果があるのかな?』『本当に紙は減らせるのか?』

『手続きが面倒くさそうだけど』と興味はあるが、実際のところ、どうなのか、

知りたい方がいらっしゃる!


そこで、今回は当社で電子帳簿保存法を申請し、取得し、運用までのお話を

リアルタイムで記述していこうというわけです。


これから何回かに分けて、取得までの道を進めてまいります。

しばし、お付き合いください。



次回は、【社内のどの書類を電子化申請するのか?】を届けします。

bun-eidou's Ownd

アナログの書類整理整頓やサーバーの書類整理整頓の情報を発信しています。 書類がたまらない仕組みづくりとして、書類の発生から保管・保存・廃棄までトータルでサポートしています。

0コメント

  • 1000 / 1000