仕掛かりの仕事は「仕掛かりボックス」にオールインワン!

仕事の仕掛かり書類は「仕掛かりボックス」へ。

担当者が休んだ時、外出した時も、その人の仕掛かりボックスを探せば大丈夫。


引き出しや机の上を探すこともなくなります。

ここでオススメしたのが、タブのついた山付きクリアホルダーをセットで使うこと。

タブの部分にタイトルを書き入れます。たとえ書類が1枚だけでもクリアホルダーを使います。


もったいないように思いますが、書類の検索に時間を取られることの方が

よっぽどもったいないのです。


もう1つのポイントは、書類は「タテにして保管」すること。

クリアデスク、整頓されたオフィス環境をキープする基本形です。

立ててタイトルをつければ探しやすい。スペースも取らない。

出し入れもスムーズなので、作業がはかどる。

他の書類に隠れることも少なく、管理の目が行き届く。


書類を立てて保管することで仕事のスピードアップにつながります。

bun-eidou's Ownd

アナログの書類整理整頓やサーバーの書類整理整頓の情報を発信しています。 書類がたまらない仕組みづくりとして、書類の発生から保管・保存・廃棄までトータルでサポートしています。

0コメント

  • 1000 / 1000